特許取得の乳酸菌

一般的には、”生きたまま腸に運ばれる”などのキャッチフレーズのもと生きた乳酸菌がよいとされていますが、実は死菌でも効果があり有利とされ健康に感心のある人の間で広まっています。

なぜ、有利なのかと言いますと、100㎖のヨーグルトを一度に1000カップ食べなければいけないところを死菌なら、数グラムの粉末をコップの水で流し込むだけで数兆個の乳酸菌をとることができます。

注目したいのはニチニチ製薬で研究され選び出されたというエンテロコッカス・フェカリスFK-23です。(プロテサンという商品名で市販されています。)これは腸内細菌の中の乳酸菌の一種ということですから、動物由来ということになるかと思いますので動物性乳酸菌というカテゴリーに入ります。死菌という強みをもつ動物由来の乳酸菌という観点から見ていきましょう。

まず、FK-23は球菌です。そして、数グラムで数兆個の乳酸菌がとれるため、生菌にくらべ3倍もの免疫活性力があります。
動脈硬化の予防・改善、腸内の善玉菌を増やすなどのほかにガンの予防・治療にも機能するようです。また、特筆すべきはC型肝炎治療剤、感染防御剤、白血球減少治療剤、毒性軽減剤、抗腫瘍剤及びその製造法において特許を取得している点です。魅力的なキャッチでいろんな乳酸菌が多方面から販売されておりますが、きちんと見極めてから購入されることをおすすめします。