植物性乳酸菌とは?動物性乳酸菌とのちがい

植物性という言葉に対して動物性という言葉があります。

乳酸菌には、植物由来のものと動物由来のものがあるので、それを区別するために植物由来の乳酸菌は植物性乳酸菌と言われるようになりました。

植物由来とは何か?

 

76e2529c5753541368e01153ffe384ac_s
まず、動物由来はどんなものか確認しておきます。

動物由来というのは、わかりやすい例ですと、牛乳から作られたヨーグルトの乳酸菌は動物性です。牛乳は牛からとれるものだから動物性ですね。

 

 

eb7c2f00d747eeb7a6860e0cdd44ee69_s

なので、植物性乳酸菌というのは漬物などの発酵食品に含まれる乳酸菌のことです。

味噌や漬物、しょうゆなどの植物性発酵食品に植物性乳酸菌は含まれています。

 

 

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌のちがい

動物性乳酸菌は栄養たっぷりの牛乳の中で生きてきたので、大腸に届くまでに死んでしまいがちです。

a915b3e0c728ea1369d7adcf8b3ab712_s
ところが、植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも栄養が少ない過酷な環境で生き抜いてきた菌なので、とにかくパワフルです。

また、昔から日本人の体にも相性がよく、免疫力アップに効果をもたらします。

 

 

植物性乳酸菌は強すぎで使えない?

植物性乳酸菌は、元気すぎて栄養が乏しいところでも、低温でも発酵がすすみますし、乳酸以外にも酢酸や炭酸ガスも発生させてしまう特徴があります。

このことが意味することは、動物性の乳飲料などと同じようには扱えないということです。植物性乳酸菌の乳飲料は、炭酸ガスが発生するとなると容器から漏れてきてしまいますし、輸送、陳列中にも発酵はすすみます。

このように、とにかく扱いにくいのです。

 

 

1件のトラックバック

コメントを残す