インフルエンザに乳酸菌は本当に効くのか?

娘がインフルエンザA型と診断されて早4日がすぎました。

病児保育探しなどに奔走してつかれもあるのか私もだるいし調子悪いです。

子どもも食べ残しを食べたり、鼻をかませたりしてるんだから、インフルエンザにかからないはずがありませんよね。

昨日、病院で検査をしたら結果は陰性、しかし、今日の夜になって夜中に目が覚めて

のどは痛いは鼻はつまるは、とにかくつらい状態。

そうだ、夕飯に乳酸菌を摂らなかったからかもしれないと思い、
(家族で毎晩、乳酸菌入りの味噌汁、ケフィアのどちらかは食べている)

のどの辛さもあってのどごしのよいケフィアにライラック乳酸菌を入れて食べてみたら、

なんだか、その直後から元気が出てきました。

パソコン開いてこの記事がかける元気が出てきたのだがスゴイです。

娘にも朝、晩かならずライラック乳酸菌入りのケフィア、味噌汁を食べさせていますが、
(ふだんは夜のみが多いが、インフルエンザになってからは朝も食べさせている)

咳、鼻水などの症状があるものの活気があって元気です。高熱は1日で平熱になり、翌々日に少しぶり返して、沈静化しました。

今回のケースのまとめ  ・ふだんから乳酸菌を摂取しているとインフルエンザの症状が軽いようだ。
・インフルエンザを発症している最中は、朝、晩、2回、いつもより多めの乳酸菌を摂ると
よいようだ。
・インフルエンザのつらい症状を緩和する働きがあるようだ。

お世話になった乳酸菌は↓こちらです。

コメントを残す